ホーム > よくある質問 > 保険・年金 > 国民年金 > 生活が苦しく国民年金保険料を納めることができないのですが。

ここから本文です。

更新日:2020年4月1日

生活が苦しく国民年金保険料を納めることができないのですが。

国民年金保険料免除・納付猶予制度を利用してください。
申請は原則として毎年度必要です。免除等のサイクル(始期と終期)は、7月から翌年6月までです。

本人・配偶者・世帯主の前年所得(1月から6月までに申請される場合は前々年所得)が一定額以下の場合には、申請後に承認されると保険料の納付が免除になります。免除される額は、全額、4分の3、半額、4分の1の4種類があります。
また、20歳から50歳未満の方は、本人・配偶者の前年所得(1月から6月までに申請される場合は前々年所得)が一定額以下の場合には、申請後に承認されると保険料の納付が猶予される納付猶予制度もあります。

必要なもの

  • 年金手帳
  • 印鑑
  • 雇用保険受給資格者証または離職票(本人・配偶者・世帯主が退職または失業した場合)

お問い合わせ

生活環境部市民課 

〒719-0295 岡山県浅口市鴨方町六条院中3050番地

電話番号:0865-44-9042

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?