ホーム > 市政情報 > 入札・契約 > 入札 > 令和元年度(平成31年度)入札制度等の見直し(お知らせ)

ここから本文です。

更新日:2019年6月10日

令和元年度(平成31年度)入札制度等の見直し(お知らせ)

浅口市の入札制度等の見直しをおこないますので、お知らせします。

浅口市低入札価格調査試行要領の制定(平成31年4月)

低入札価格調査制度とは

基準となる価格(低入札価格調査基準価格(以下「調査基準価格」という。))を下回った入札について、契約内容に適合した履行が確保されること及び公正な取引の秩序を乱すおそれがないことの調査を行い、落札者を決定する制度です。なお、別途設定する失格基準価格を下回った入札は、失格となります。

対象となる工事

総合評価方式を適用する工事

調査基準価格

低入札価格調査を行う基準として設定する価格

〇調査基準価格(千円未満切り捨て)=予定価格(税抜)×低入札価格調査基準率

〇低入札価格調査基準率=(直接工事費×0.97+共通仮設費×0.9+現場管理費×0.9+一般管理費×0.55)÷工事価格※小数点第3位以下を切り捨てた率(下限0.75、上限0.92)

失格基準価格

調査基準価格を下回った場合に、低入札価格調査を行わず、失格とする基準として設定する価格

〇失格基準価格(千円未満切り捨て)=予定価格(税抜)×(失格基準率-(0.002X+0.0002Y))

X及びYの値について

(1)電子入札の場合

1.入札時に入力したくじ番号3桁と電子入札システムに入札金額が登録された時刻のミリ秒を足したものを決定くじ番号(4桁となる場合は下3桁を採用)とする。

2.有効な入札をした者の決定くじ番号を合計し、その和の十の位の数字をX、一の位の数字をYとする。

(2)紙入札(郵便入札等)の場合

X及びYの値は9とする。

〇失格基準率=(直接工事費×0.92+共通仮設費×0.85+現場管理費×0.85+一般管理費×0.5)÷工事価格※小数点第3位以下を切り捨てた率(下限0.75、上限0.92)

調査

失格基準価格以上で、調査基準価格未満で入札した者のうち、総合評価方式における評価値が最も高い者については、積算根拠、低価格で入札する理由などに関して書類を提出していただきます。

落札決定

調査結果に基づき、「浅口市建設工事低入札価格調査班」において審査を行い、落札者となるか否かを決定します。審査の結果、落札者とならなかった場合は、次に評価値が高かった者(以下「次順位者」という。)が落札候補者となります。次順位者の入札額が調査基準価格以上の場合には、落札決定となり、次順位者の入札額が調査基準価格未満の場合には、次順位者が調査対象者となり、調査を行います。

適用

平成31年4月1日以降に指名又は入札公告する工事から適用します。

関連規定

浅口市低入札価格調査試行要領(PDF:155KB)

浅口市低入札価格調査実施要領における入札価格の内訳書の調査方針(PDF:33KB)

 

浅口市建設工事総合評価方式試行要領の一部改正(平成31年4月)

主な内容

総合評価方式の適用対象工事について、ダンピング対策として低入札価格調査制度を導入するにあたり、当該要領の一部を変更しますので、お知らせします。

主要な変更内容

(1)電子入札の実施に係る事項の追加。

(2)落札候補者を決定する要件のうち、「入札価格が当該要領における失格基準価格以上の価格であること」を「低入札価格調査において、契約内容に適合した履行がなされないおそれがないと認められること」へ変更。

適用

平成31年4月1日以降に指名又は入札公告する工事から適用します。

特記事項

総合評価方式の適用対象工事については、従前どおり郵便入札により執行します。

関連規定

浅口市建設工事総合評価方式試行要領(PDF:87KB)

浅口市最低制限価格取扱要領の一部改正(令和元年6月)

主な内容

国及び中央公共工事契約制度運用連絡協議会モデルをふまえ、次のとおり改正します。

改正内容

〇最低制限価格基準率

【現行】

最低制限価格基準率は、小数点3位以下を切り捨てとし、0.7を下回る場合は0.7とし、0.9を上回る場合は、0.9とします。

【改正後】

最低制限価格基準率は、小数点3位以下を切り捨てとし、0.75を下回る場合は0.75とし、0.92を上回る場合は、0.92とします。

特記事項

  • 最低制限価格基準率の算定式は、従来どおりです。
  • 令和元年6月1日以降に、指名または入札公告する工事から適用します。

関連規定

浅口市建設工事最低制限価格取扱要領(PDF:120KB)

浅口市低入札価格調査試行要領の一部改正(令和元年6月)

主な内容

国及び中央公共工事契約制度運用連絡協議会モデルをふまえ、次のとおり改正します。

改正内容

〇低入札価格調査基準率

【現行】

低入札価格調査基準率は、小数点3位以下を切り捨てとし、0.7を下回る場合は0.7とし、0.9を上回る場合は、0.9とします。

【改正後】

低入札価格調査基準率は、小数点3位以下を切り捨てとし、0.75を下回る場合は0.75とし、0.92を上回る場合は、0.92とします。

〇失格基準率

【現行】

失格基準率は、小数点3位以下を切り捨てとし、0.7を下回る場合は0.7とし、0.9を上回る場合は、0.9とします。

【改正後】

失格基準率は、小数点3位以下を切り捨てとし、0.75を下回る場合は0.75とし、0.92を上回る場合は、0.92とします。

特記事項

  • 低入札価格調査基準率及び失格基準率の算定式は、従来どおりです。
  • 令和元年6月1日以降に、指名または入札公告する工事から適用します。

関連規定

浅口市低入札価格調査試行要領(PDF:155KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画財政部財政課 

〒719-0295 岡山県浅口市鴨方町六条院中3050番地

電話番号:0865-44-9004

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?