ホーム > 市政情報 > まちづくり > 地域再生計画

ここから本文です。

更新日:2019年12月6日

地域再生計画

地域再生制度とは

地域再生制度とは、地域経済の活性化、地域における雇用機会の創出その他の地域の活力の再生を総合的かつ効果的に推進するため、地域が行う自主的かつ自立的な取組を国が支援するものです。
地方公共団体は、地域再生計画を作成し、内閣総理大臣の認定を受けることで、当該地域再生計画に記載した事業の実施に当たり、財政、金融等の支援措置を活用することができます。

浅口市の地域再生計画

第41回認定(平成29年2月24日)

計画の名称 キラリと光る天文のまちあさくちプロジェクト
計画の作成主体 浅口市
計画の区域 浅口市の全域
計画の概要 本市の持つ「天文のまち」としての資源・イメージを活用して、観光拠点施設の整備・充実や、新たな観光資源の創出、教育プログラムの充実などを一体的なプロジェクトとして実施し、「天文のまち」としての魅力をさらに高め、交流人口の増加、産業の活性化、定住促進につなげ、高齢化及び人口減少に歯止めをかける。
支援措置 地方創生拠点整備交付金

第48回認定(平成30年7月6日)

計画の名称 おいでよ!はまるよ!天文のまちあさくちPR計画
計画の作成主体 浅口市
計画の区域 浅口市の全域
計画の概要 本市の「天文のまち」としての資源・イメージを活用して、「天文のまち」としてのにぎわい創出を起点に交流人口の増加、産業の活性化、若者の定住促進を図るため、本市や本市特産品等の知名度を高め、観光地として選ばれる地域となることを目指し、「天文のまち」の効果的なPRを行う。
支援措置

まち・ひと・しごと創生寄附活用事業に関連する寄附を行った法人に対する特例

第51回変更認定(平成31年3月29日)

計画の名称 おいでよ!はまるよ!天文のまちあさくちPR計画
計画の作成主体 浅口市
計画の区域 浅口市の全域
計画の概要 本市の「天文のまち」としての資源・イメージを活用して、多様な主体と連携しながら新たな活性化事業を立ち上げ、一体的なプロジェクトとして実施する。天文ファンだけでなく天文に興味のない人々も訪れ、楽しめるまちとなり、またこのまちで育った子どもたちは天文をごく身近に感じる大人に成長する。こうした「天文のまち」としてのにぎわい創出や次代を担う人材の育成を通して、交流人口の増加、産業の活性化、定住促進につなげ、高齢化及び人口減少に歯止めをかける。
支援措置

地方創生推進交付金

まち・ひと・しごと創生寄附活用事業に関連する寄附を行った法人に対する特例

地域再生計画(国立天文台と青空)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画財政部秘書政策課    

〒719-0295 岡山県浅口市鴨方町六条院中3050番地

電話番号:0865-44-9037

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?