ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

国の制度改正

平成27年度に、国の制度改正がありました。

【ふるさと納税枠を約2倍に拡充】

ふるさと寄附金(納税)を行う際、2,000円を除いた金額が控除される限度額である「ふるさと納税枠」が、約2倍に拡充されました。2015年1月1日以降のふるさと寄附金(納税)から対象となります。

【手続きの簡素化(「ふるさと納税ワンストップ制度」の創設)】

確定申告をする必要のない給与所得者がふるさと寄附金(納税)を行う場合に、ふるさと寄附金(納税)先団体が5団体以内の場合であって、確定申告を行わない場合に限り、ふるさと寄附金(納税)を行う際に、各ふるさと寄附金(納税)先団体に特例の適用に関する申請書を提出することで、確定申告を行わなくても、ふるさと寄附金(納税)についての寄附金控除を受けられる特例的な仕組み(ふるさと納税ワンストップ特例制度)が創設されました。

総務省「ふるさと納税」ポータルサイト(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

企画財政部地域創造課 

〒719-0295 岡山県浅口市鴨方町六条院中3050番地

電話番号:0865-44-9034

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?