ホーム > くらしのガイド > 文化・スポーツ > 文化財 > 文化財見学者のマナー

ここから本文です。

更新日:2014年8月11日

文化財見学者のマナー

文化財は、郷土の歴史や文化を伝えてくれる私達の共有の財産であります。文化財は、所有者の方々によって大切に保存され、伝承されてきた文化遺産であります。浅口市内にある文化財見学の際には、次の点に注意してください。

文化財の見学にあたっての心構え

  • 文化財所有者の迷惑にならないように十分に配慮してください。
  • 個人の敷地内に許可なく入ることは絶対に行わないでください。
  • 文化財を汚損するような行為はしないでください。
  • 個人所有の文化財は一般公開していませんので、通常見学することはできません。
  • 文化財を見学される際には、最初に所有者の許可を得てください。団体で見学される場合には事前に了承を得るようにしてください。また、写真撮影や拓本は、所有者の許可を得てください。
  • 寺院で所有している文化財は、公開日が決まっているものもあります。事前に連絡して、公開日に見学しましょう。
  • 社寺の境内や墓地は、信仰の対象であります。また、行事が執り行なわれている場合もありますので、所有者の方々のご迷惑にならないようお願いします。
  • 史跡、遺跡や古墳などを傷つけたり、出土品を持ち帰ったりしないでください。
  • 文化財のある場所やその周辺では、火気の取扱いや喫煙などの行為はしないでください。
  • 飲食しながらの見学はしないでください。
  • ゴミは必ず持ち帰り、植物や作物などを傷つけたりしないでください。

お問い合わせ

教育委員会事務局文化振興課 

〒719-0243岡山県浅口市鴨方町鴨方2244-2

電話番号:0865-44-7055

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?