ホーム > くらしのガイド > 文化・スポーツ > 文化財 > 金光教徒社の国登録有形文化財の登録について

ここから本文です。

更新日:2017年11月2日

金光教徒社の国登録有形文化財の登録について

金光教徒社は、金光町大谷地区の金光教本部前に面して建ちます。平成29年7月21日に開催された国の文化審議会で、「金光教徒社東棟・中央棟・西棟」を国登録有形文化財(建造物)に登録するように文部科学大臣に答申されました。平成29年10月27日の官報告示を経て、金光教徒社3棟が新たに国登録有形文化財に登録されました。

この度の3件の登録で、本市の国登録有形文化財(建造物)は、「丸本家住宅及び丸本酒造・11件」、「定金家住宅主屋・1件」、「金光学園中学高等学校記念講堂・1件」、「姫井家住宅主屋及び長屋門・2件」の18件となりました。

今回登録された文化財

金光教徒社・東棟(ひがしとう)

金光教徒社東棟

東棟は、大正10年(1921)の建設で、木造二階建、寄棟造、スレート葺、切石積基礎に外壁下見張であり、中央に入口を配する左右対称の外観が特徴です。軒線中央部を僅かに切り上げ、洋風意匠の事務所建築になります。

金光教徒社・中央棟(ちゅうおうとう)

金光教徒社中央棟

中央棟は、昭和2年(1927)の建設で、木造二階建、寄棟造、スレート葺であり、外壁はモルタルを塗装して石積に見せる特異な外観になります。

金光教徒社・西棟(にしとう)

金光教徒社西棟

西棟は、大正5年(1916)の建設で、金光教徒新聞社の社屋として建てられました。木造二階建、寄棟造、スレート葺で、中央部と西側下見、軒を板張りとするなどの意匠でまとめています。

登録基準

  • 国土の歴史的景観に寄与しているもの|西棟
  • 造形の規範となっているもの|東棟・中央棟

お問い合わせ

教育委員会事務局文化振興課 

〒714-0101 岡山県浅口市寄島町16091-23

電話番号:0865-54-0374

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?