ここから本文です。

更新日:2019年5月1日

高額介護サービス費

同じ月に利用した介護保険のサービスの利用者負担が高額になり、下記の負担上限額を超えた場合は、申請により超えた金額が「高額介護サービス費」として後から支給されます。

支給を受けるためには申請が必要です。

平成29年8月から負担の上限額が引き上げられました。詳細は、リーフレット(厚生労働省)(PDF:1,112KB)をご参照ください。

負担上限額

負担上限額は次のとおりです。
同じ世帯内に複数の利用者がいる場合には、世帯合算をして1か月の利用者負担を算出します。

利用者負担段階区分

上限額

現役並み所得者に相当する方がいる世帯の方

44,400円(世帯)

世帯のどなたかが市区町村民税を課税されている方

44,400円(世帯)

同じ世帯のすべての65歳以上の方(サービスを利用していない方を含む。)の利用者負担割合が1割の世帯に年間上限額(446,400円)を設定

世帯の全員が市区町村民税を課税されていない方

24,600円(世帯)

住民税非課税世帯で、前年の合計所得金額および課税年金収入額の合計が80万円以下の人

24,600円(世帯)

15,000円(個人)

生活保護の受給者や、利用者負担を15,000円に軽減することで、生活保護の受給者とならない人

15,000円(個人)

申請方法

  • 新規に該当すると見込まれる方にはお知らせを郵送しています。
  • 介護保険高額介護(予防)サービス費支給申請書を記入し、提出してください。
  • 受取口座の名義が被保険者本人と異なる場合は委任状を添えてください。
  • 一度申請すれば次回以降は申請不要です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部高齢者支援課 

〒719-0243 岡山県浅口市鴨方町鴨方2244番地26

電話番号:0865-44-7113

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?