ホーム > くらしのガイド > 保険・年金 > 国民年金 > 新型コロナウイルス感染症の影響による国民年金保険料免除等の特例手続き

ここから本文です。

更新日:2020年5月1日

新型コロナウイルス感染症の影響による国民年金保険料免除等の特例手続き

新型コロナウイルス感染症の影響により、収入が相当程度まで下がった場合、臨時特例措置として本人申告の所得見込額を用いた簡易な手続きにより、国民年金保険料免除・納付猶予申請や、国民年金保険料学生納付特例申請が可能になりました。

詳しいことは、日本年金機構のホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

申請先は市役所または年金事務所です。申請書等を直接提出していただくことも可能ですが、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、できる限り郵送による手続きをご利用ください。

対象者

以下の(1)および(2)のいずれにも該当すること。

(1)令和2年2月以降に、新型コロナウイルスの感染症の影響により収入が減少したこと
(2)(1)により当年中の所得見込額が、国民年金保険料の免除等に該当する水準になることが見込まれること

本人・配偶者・世帯主の所得が審査対象です(学生納付特例の場合は本人所得のみ)

対象期間

令和2年2月分から6月分まで(令和2年7月分以降は、再度申請が必要です)

お問い合わせ

生活環境部市民課 

〒719-0295 岡山県浅口市鴨方町六条院中3050番地

電話番号:0865-44-9042

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?