ホーム > くらしのガイド > 健康・福祉 > 住居確保給付金について

ここから本文です。

更新日:2020年5月1日

住居確保給付金について

就労能力及び就労意欲のある方のうち、離職や休業などにより住宅を失っている方又は住宅を失うおそれのある方を対象として、一定期間賃貸住宅の家賃を支給します。
※令和2年4月20日から、休業等に伴う収入減少により住居を失うおそれのある方等も対象となります。

対象となる方

申請時において、2年以内に離職、またはやむを得ない休業等により収入を得る機会が減少したこと
・離職前に世帯の主な生計維持者であったこと
・常用就職への意欲があり、ハローワークへ求職申し込みを行うこと
・住宅を失っているまたは失うおそれのあること
・国や地方公共団体の雇用施策による貸付または給付を本人や同居の親族が受けていないこと
・申請者及び申請者と生計を同一にしている同居の親族いずれもが暴力団員でないこと
※このほか収入や預貯金に関する要件等があります。また、受給中は常用就職に向けた就職活動を行うことが必要です。

収入要件

世帯の収入(月額)の合計が次の金額以下であること
単身世帯7.8万円に家賃月額(上限3.1万円)を加算した額未満
2人世帯11.5万円に家賃月額(上限3.7万円)を加算した額未満
3人世帯14.0万円に家賃月額(上限4.0万円)を加算した額未満
※世帯人数により収入要件が異なります。

資産要件

世帯の預貯金の合計が次の金額以下であること
単身世帯46.8万円
2人世帯69.0万円
3人世帯以上84.0万円

就職活動要件

以下の活動等を行っていただく必要があります。
・月4回以上の就労支援員との面接
・公共職業安定所での職業相談等
・求人先への応募、または求人先の面接を受ける等

支給額・支給期間・支給方法

支給額
入居している賃貸住宅の家賃月額(世帯人数に応じた上限あり)
・支給期間
原則3か月(一定の条件を満たす場合、最大9か月)
・支給方法
浅口市から賃貸住宅の貸主等に直接振りこみます。

 

住居確保給付金のご案内(チラシ)(外部サイトへリンク)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部社会福祉課 

〒719-0243 岡山県浅口市鴨方町鴨方2244番地26

電話番号:0865-44-7007

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?