ホーム > くらしのガイド > 健康・福祉 > 予防接種 > インフルエンザ予防接種費用助成事業

ここから本文です。

更新日:2020年10月12日

インフルエンザ予防接種費用助成事業

今年度浅口市では、新型コロナウイルス感染症とインフルエンザの同時流行を防ぐことなどを目的として、インフルエンザ予防接種の費用を助成します。(例年とは実施内容が異なっていますのでご確認ください。)

助成内容

対象者

接種回数

助成額

1.中学生・高校生

(平成14年4月2日~平成20年4月1日生まれ)

13歳未満:2回

13歳以上:1回

上限4,000円

2.平成14年4月1日以前生まれで、接種日に

おいて65歳未満の方(対象者4を除く)

1回

2,000円

3.接種日において65歳以上の方

4.60歳以上65歳未満で心臓・腎臓・呼吸器の機能障がい

またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能障がいで

身体障害者手帳1級を持っている方

1回

上限5,398円

実施期間

令和2年10月1日から令和3年1月31日まで

(※10月1日~10月25日までは、対象者3、4の方が優先して接種できるようご協力をお願いします)

接種方法

  • 本人確認ができるもの(健康保険証等)を医療機関へお持ちください。
  • 対象者4の方は身体障害者手帳を医療機関で提示してください。

浅口医師会の医療機関で接種する場合

  • 対象者1、3、4の方:無料で接種できます。
  • 対象者2の方:各医療機関の接種料金から2,000円を差し引いた額で接種できます。

浅口医師会以外の県内医療機関で接種する場合

  • 対象者1の方:全額支払った後、申請により助成額(4,000円)を上限として接種費用が返還されます。
  • 対象者2の方:全額支払った後、申請により助成額(2,000円)を上限として接種費用が返還されます。
  • 対象者3、4の方:無料で接種できます。(県内協力実施医療機関に限る

県外の医療機関で接種する場合

  • 対象者1の方:全額支払った後、申請により助成額(4,000円)を上限として接種費用が返還されます。
  • 対象者2の方:全額支払った後、申請により助成額(2,000円)を上限として接種費用が返還されます。
  • 対象者3、4の方:県外で接種する場合は依頼書が必要ですので、事前に健康推進課へお問い合わせください。また全額支払った後、申請により助成額(5,398円)を上限として接種費用が返還されます。

対象者3,4の方で県外で接種する場合

事前に予防接種県外接種依頼申込書(PDF:22KB)の提出が必要です。

浅口医師会以外の県内・県外医療機関で全額支払って接種した場合の申請について

申請に必要なもの

申請期間

  • 令和3年3月31日まで

申請窓口

  • 健康推進課(浅口市健康福祉センター内)
  • 金光総合支所健康福祉課
  • 寄島総合支所市民生活課

実施医療機関

その他

  • 医療機関によっては、接種できない場合もありますので、事前に医療機関へお問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部健康推進課 

〒719-0243 岡山県浅口市鴨方町鴨方2244番地26

電話番号:0865-44-7114

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?