ホーム > くらしのガイド > 健康・福祉 > 予防接種 > 子どもの定期予防接種

ここから本文です。

更新日:2017年4月4日

子どもの定期予防接種

お子さんが生後2か月になったら予防接種を開始しましょう。

子どもの定期予防接種

ヒブ(インフルエンザ菌b型)

ヒブワクチンは初回接種の開始月齢により、接種回数が異なります。

接種スケジュール

Hib接種回数

小児用肺炎球菌

小児用肺炎球菌ワクチンは初回接種の開始月齢により、接種回数が異なります。

接種スケジュール

小児用肺炎球菌接種回数

B型肝炎

平成28年10月1日より定期予防接種となりました。(平成28年4月1日以降に出生した1歳未満の児が対象)

注)HBs抗原陽性の妊婦から生まれたお子さんとして、健康保険によりB型肝炎ワクチンの投与(抗HBs人免疫グロブリンを併用)を受けたことのあるお子さんについては、定期接種の対象となりませんのでご注意ください。

日本脳炎

特例対象者

平成17年度から平成21年度にかけて日本脳炎ワクチンの接種が差し控えられた時期がありました。その間に接種の機会を逃した方は特例措置があります。

  • 平成9年4月2日~平成19年4月1日生まれで日本脳炎予防接種が終了していない方

→20歳未満であれば、定期予防接種として無料で受けられます。

  • 平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれで日本脳炎第1期の予防接種が終了していない方

→9歳~13歳未満の間に、第1期不足分を定期予防接種として無料で受けられます。

今年度18歳となる方(平成11年4月2日~平成12年4月1日生まれ)へ

日本脳炎の第2期接種はお済みですか?第2期接種が終了していない方は20歳までに予防接種を受けましょう。

ポリオワクチン

2012年9月からポリオワクチンが不活化ワクチンになりました。これにより、接種方法、接種回数が変わりました。今までに生ワクチンを何回受けたかにより不活化ワクチンの接種回数が異なりますのでご注意ください。

ポリオイメージ図

子宮頸がん予防ワクチン

子宮頸がん予防ワクチンの積極的勧奨の差し控えについて(重要)

子宮頸がん予防ワクチンは平成25年4月1日から定期予防接種として実施していますが、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な痛みがみられたことから、副反応の発生頻度等がより明らかになり、適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的にはお勧めするべきではないとされました。(平成25年6月14日)

希望者の接種は可能ですが、ワクチンの有効性と接種による副反応が起こるリスクを十分理解した上で受けてください。

積極的な接種勧奨の再開など新しい情報は、随時ホームページ等でお知らせいたします。

子宮頸がんワクチン


お問い合わせ

健康福祉部健康推進課 

〒719-0243 岡山県浅口市鴨方町鴨方2244番地26

電話番号:0865-44-7114

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?