ホーム > くらしのガイド > 戸籍・住民票 > 住民票とマイナンバーカード等に旧姓(旧氏)が併記できます

ここから本文です。

更新日:2019年10月24日

住民票とマイナンバーカード等に旧姓(旧氏)が併記できます

2019年11月5日から、本人からの申請により、住民票の写し、マイナンバーカード等に「旧姓(旧氏)」を併記することができるようになります。これにより婚姻等で氏に変更があった場合でも、今まで称してきた旧姓(旧氏)を住民票の写しやマイナンバーカード等に記載することによって公証することができます。

「旧姓(旧氏)」とは、その人の過去の戸籍上の氏のことです。

旧姓(旧氏)が記載できるもの

  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書
  • マイナンバーカード(または通知カード)
  • 署名用電子証明書

旧姓(旧氏)を併記した場合、住民票の写し等には現在の氏と旧姓の両方が必ず表示されます。

記載できる旧姓(旧氏)について

  • 旧姓(旧氏)を初めて記載する場合には、戸籍に記載されている過去の氏の中から1つを選んで併記することができます。
  • 既に住民票等に併記されている旧姓(旧氏)は、婚姻等により氏が変わった場合でも引き続き併記することができます。
  • 旧姓(旧氏)は、他市区町村に転入しても引き続き併記されます。
  • 必要がなくなった場合には、旧姓(旧氏)を削除することができます。

旧姓(旧氏)併記の申請について

旧姓(旧氏)併記の申請は、住民登録をしている市区町村役場でします。

受付窓口

本庁市民課、金光総合支所市民生活課、寄島総合支所市民生活課

必要なもの

  • マイナンバーカード(または通知カード)
  • 併記する旧姓(旧氏)から現在の氏までが記載されている全ての戸籍謄本等
  • 申請者の印鑑
  • 申請者の身分証明書(運転免許証等)

旧姓(旧氏)について

旧姓(旧氏)併記については、総務省のホームページにて随時掲載されておりますので、そちらもご確認ください。

住民票、マイナンバーカード等への旧氏の併記について(総務省)(外部サイトへリンク)

住民票とマイナンバーカードに旧姓(旧氏)が併記できます(PDF:919KB)

旧姓(旧氏)併記するためには、どうしたらいいの?(PDF:440KB)

 





Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

生活環境部市民課 

〒719-0295 岡山県浅口市鴨方町六条院中3050番地

電話番号:0865-44-9042

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?