ホーム > くらしのガイド > 戸籍・住民票 > パスポート申請 > 記載事項変更旅券の申請(パスポート)

ここから本文です。

更新日:2014年11月19日

記載事項変更旅券の申請(パスポート)

氏名、本籍地の都道府県名、性別、生年月日に変更が生じたことにより、旅券面の記載事項を変更する必要がある場合、以下の手続きがあります。

  1. 所持するパスポートを返納して、訂正新規の申請をする。
  2. 所持するパスポートを返納のうえ、その返納したパスポートと有効期間満了日が同一となる記載事項変更旅券の申請をする。

記載事項変更旅券では、所持人自署(サイン)、顔写真、ICチップ内のデータ、旅券番号(パスポートの番号)は新しくなります。

浅口市に住所又は居所の所在地のある方は、市民課のパスポート窓口で手続きをしてください。

「訂正申請」は平成26年3月19日で廃止されましたが、すでに訂正申請をして追記欄に訂正事項が記載されているパスポートは、平成26年3月20日以降も引き続き有効です。

旅券法の一部改正についてのお知らせ(「記載事項の訂正」の廃止)(外部サイトへリンク)

必要な書類

 

手続きガイド

1.一般旅券発給申請書(記載事項変更用)1通  
2.戸籍謄(抄)本1通  
3.写真1枚  
4.有効期間内の旅券(パスポート)  

必要な書類

こちらをクリックすると記載事項変更申請の申請案内をダウンロードできます。
記載事項変更旅券の申請案内(PDF:1,987KB)

 1.一般旅券発給申請書(記載事項変更用)1通

市民課に用意してあります。

記入例(PDF:1,273KB)

 2.戸籍謄(抄)本1通

  • 氏名、本籍地の都道府県名、性別、生年月日に変更を生じたことについて、変更の経緯を確認できるもの。
  • ご本籍地のある市町村にご請求下さい。
    本籍地が浅口市の方は、申請窓口で戸籍謄(抄)本を取得できます。
  • 発行日から6か月以内のもの。
  • 家族で同時に申請する場合で戸籍が同一の場合は、戸籍謄本を1通とすることができます。

戸籍謄本・戸籍抄本について

 3.写真1枚

提出していただいた写真が、規格に合わないなど不適当な場合は、お撮り直しをお願いすることがありますので、下の注意事項をよくお読みください。
なお、写真は貼らずにお持ちいただいてもかまいません。パスポート用写真規格

申請者本人のみが正面を向いて撮影されたもの
提出の日の前6か月以内に撮影されたもの
ふちなしで、左図画面の各寸法を満たしたもの
(顔の寸法は、髪を含まない頭頂からあごまでです)
無帽であるもの
背景(影を含む)がないもの
必ずご覧ください外務省:パスポート申請用写真の規格について(外部サイトへリンク)

ふさわしくない写真の例(次の写真は受付できません)

  • 写真にキズや汚れのあるもの、不鮮明なもの
  • 背景と人物の境目がわかりにくいもの、椅子等背景があるもの
  • 変色のおそれがあるもの
  • 表情が平常と著しく異なるもの
  • カラーコンタクトレンズを装着したもの
  • メガネのレンズに光が反射しているもの、フレームが目にかかっているもの
  • サングラス・マスク・大きめのイアリング・長すぎる前髪・幅の広いヘアバンドなどで顔の器官や頭部が隠れているもの
  • デジタル写真等で画質の劣るもの(粒子の粗いもの)

 4.有効期間内の旅券(パスポート)

  • 有効期間内のパスポートを必ずお持ちください。
  • 現在有効なパスポートは返納後に失効し、残存有効期間が同じ、新しい旅券冊子になります。
  • 紛失届が提出された旅券について、記載事項変更旅券の申請はできません。

5.その他

  • 上記書類でパスポート訂正に必要な事項が十分確認できない場合は、他の書類の提出を求めることがあります。
  • 住所だけが変わった場合は、申請の必要はありません。ご自分で、パスポートの最終ページにある「所持人記入欄」の前住所を二重線で訂正し、新住所を記入してください。
  • 戸籍上、氏名の変更を生じても旅券面の記載事項を変更する必要がない方(例;「伊藤」から「伊東」に改姓された方)は、記載事項変更の必要はありません。
    署名の変更をご希望の方は、記載事項変更旅券ではなく、新規の旅券を申請できる場合がありますので、ご相談ください。
  • 有効中の査証(ビザ)が無効になる場合があります。事前に各国の在日大使館等(外部サイトへリンク)にお問い合わせください。
  • 居所申請の場合は、住民票の写し(発行日から6か月以内のもの)及び居所が確認できる書類が必要です。
    事前に居住の所在地を管轄するパスポート窓口へお問い合わせください。

 代理提出

  • 申請書類を代理提出することができます。
  • 申請書類は上記のものがすべて必要です。
  • 申請書は申請者本人が記入し、代理人(引受人)が持参してください。ただし、乳幼児又は身体障害者等で記入できない場合は、法定代理人等が記入してください。
  • 申請書裏面下部の、「申請書類等提出委任申出書」に、申請者本人と引受人による記入が必要です。
    ただし、法定代理人が申請者に代わって申請書類などを提出する場合には、記入は不要です。
  • 代理人(引受人)の本人確認書類も原本が必要です。

なお、刑罰等関係欄に該当のある方居所申請を希望する方の申請は、代理提出はできません。

 受領

  • 旅券の受領には、必ず申請者本人が来庁してください。代理受領はできません。
  • 申請した旅券は6か月以内に必ず受領してください。受領しない場合は失効します。

受け取りまでの日数

  • 申請から交付までは、土曜・日曜・祝祭日を除いて、8日間の日数が必要となります。
    写真が不適当などの理由で、8日でお渡しできない場合がありますので、時間に余裕をもって申請してください。
  • 午後3時を過ぎると翌日扱いになります。
  • 必要書類に不備がある場合、受付できませんのでご注意ください。

 手数料

手数料は、受領の際に岡山県収入証紙及び収入印紙で納付していただきます。

種類 岡山県収入証紙 収入印紙 合計
記載事項変更旅券 2,000円 4,000円 6,000円
10年有効旅券 2,000円 14,000円 16,000円
5年有効旅券(申請時12歳以上) 2,000円 9,000円 11,000円
5年有効旅券(申請時12歳未満) 2,000円 4,000円 6,000円

年齢は「年齢計算に関する法律」により決まります。この法律によれば、年齢は誕生日の前日に1歳加算されます。したがって、12歳の誕生日前日に申請を行った方は、同法により12歳となるので手数料を11,000円いただくこととなります。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

生活環境部市民課 

〒719-0295 岡山県浅口市鴨方町六条院中3050番地

電話番号:0865-44-9042

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?