ホーム > くらしのガイド > 健康・福祉 > 保育施設 > 保育所・こども園(保育部分)の利用

ここから本文です。

更新日:2018年5月24日

保育所・こども園(保育部分)の利用

保育所・こども園(保育部分)を利用することができるのは、保護者の労働や病気などの理由により、保育を必要とするお子さんが利用の対象となります。「下の子に手がかかるので、上の子だけ預けたい」「集団生活に慣れさせたい」「同年齢の友達と遊ばせたい」などの理由では利用できません。

なお、保育所・こども園の利用にあたっては、市へ「保育の必要性の認定(「支給認定」といいます。)」を行い、市から支給認定証の交付を受ける必要があります。詳しくは、支給認定の申請をご覧ください。

 

保育利用のできる施設

市内で保育利用のできる施設は次のとおりです。(平成30年5月1日現在)

【こども園の開園】

名称:聖華こども園

平成30年4月より聖華保育園はこども園へ移行しました。

H30施設一覧

(注1)上段は、2号認定・3号認定(保育利用)の定員、()内は1号認定(教育利用)の定員を合わせた全体の定員です。

(注2)当該年度の4月1日時点で満3歳の子ども

途中入園(平成30年5月以降入園)

申込期間

利用希望月の前々月の1日から15日まで(15日が土曜日、日曜日、祝日の場合は直前の平日)

その他

利用を希望される方は、上記期間内に申請書類を提出してください。
申請書類は、下記配布場所へ取りにきていただくか、このページよりダウンロードしてください。なお、窓口でしかお渡しできない書類もありますので、詳しくは担当課へお尋ねください。

※すでに受け入れが可能な人数を超えている場合は、利用調整を行います。受け入れ状況により希望する施設の利用ができない場合もあります。

平成31年4月入園

利用申込みは毎年必要です。現在利用中の人や途中利用申込中の人も、平成31年4月からの利用を希望する場合は、申込書等の提出が必要です。

申込期間

提出期間:平成30年11月上旬から中旬(予定)
申込書配布:10月中旬から(予定)

申込書の配布場所および提出先等

  • 教育委員会事務局こども未来課(浅口市中央公民館内)
  • 金光総合支所健康福祉課
  • 寄島総合支所市民生活課

受付時間…午前8時30分から午後5時15分まで

保育料

保育料は、世帯にかかる市町村民税額、児童の年齢、保育の必要量、兄弟の状況等に基づき決定されます。(こども園と保育所の保育料月額は同じです。)

保育料の負担軽減

低所得世帯やひとり親世帯、多子世帯など、世帯によっては保育料の負担軽減があります。詳細は、こども未来課へお問い合わせください。

  対象 内容
低所得世帯の保育料負担軽減 市町村民税非課税世帯 第2子の保育料0円
多子世帯の保育料負担軽減 市町村民税所得割額が57,700円未満の世帯 第2子の保育料半額、第3子以降0円
第3子以降保育料無償化 生計を一にする子のうち、最年長から数えて第3子以降の児童 第3子以降の保育料0円
ひとり親世帯等の保育料負担軽減

ひとり親や障害児(者)がいる世帯のうち、市町村民税所得割額が77,101円未満の世帯

保育料減免申請書(PDF:57KB)の提出が必要です。)

第1子の保育料軽減、第2子以降の保育料0円

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局こども未来課 

〒719-0243岡山県浅口市鴨方町鴨方2244-2

電話番号:0865-44-7011

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?