ホーム > くらしのガイド > 教育 > 浅口市学校給食センター

ここから本文です。

更新日:2018年5月8日

浅口市学校給食センター

集合写真平成27年8月に完成した給食センターです。

市内15の公立小学校、中学校、幼稚園、こども園の給食を調理しています。

【受配校】

金光竹小学校、金光小学校、金光吉備小学校、

鴨方東小学校、鴨方西小学校、六条院小学校、寄島小学校、

金光中学校、鴨方中学校、寄島中学校、

金光幼稚園、鴨方東幼稚園、鴨方西幼稚園、六条院こども園、寄島こども園

こんな給食を作っています!

30年5月2日

豆ごはん、牛乳、かつおの揚げ煮、すまし汁、かしわもち(平成30年5月2日)

端午の節句にちなんだ献立です。

縁起が良いとされるかつおや竹の子を使い、すまし汁には兜をあしらったかまぼこを入れています。

また、旬の食材であるアラスカ豆やアスパラガスで春らしい彩にしました。

学校給食では栄養バランスはもちろん、季節感や日本の伝統も大切にして献立を作成しています。

サルトリイバラを使ったかしわもち作りにチャレンジ!

給食では柏の葉を使った柏餅が出ましたが、この辺りでは柏の葉ではなく、サルトリイバラの葉を使うことが多いですね。

サルトリイバラ

サルトリイバラ。この辺りの方言では「ガタラ」等と呼ばれています。

山に行くと生えています。周囲の木に巻きつきながら、日当たりが良い場所を目指して伸びます。

小さなトゲがたくさんあるので、触るときには気をつけましょう。

サルトリイバラの葉

サルトリイバラの葉。

先端が少し尖っているのが特徴的です。

加熱前

上新粉で作ったもちにあんこを入れ、片栗粉をまぶしたものを葉で包みます。

加熱後

蒸したらできあがり。

皆さんもサルトリイバラを使ったかしわもち作りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

市販のものとは一味違うおやつができますよ!

調理場のようす

今回は太陽光発電設備を紹介します。

太陽光

給食センターの屋上に出力約48kWの太陽光発電パネルを設置しています。

平成29年度は54,595kWhの発電をしました。

これから日差しが強い季節になってきます。

明るい太陽はエネルギー源にもなりますが、熱中症の原因にもなります。

こまめな水分補給をして熱中症にならないように気を付けながら過ごしましょう。

 

献立表・給食だより(クリックすると別ウインドウで開きます)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

浅口市学校給食センター  

〒719-0233岡山県浅口市鴨方町地頭上562-5

電話番号:0865-45-8380

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?