ホーム > くらしのガイド > 妊娠・出産 > 不育治療費の助成

ここから本文です。

更新日:2017年4月1日

不育治療費の助成

不育症で治療をされている方に対し、費用を助成します。
治療途中での申請も可能です。申請は、費用の全部または一部の支払を行った日から1年以内に行ってください

対象者

  • 婚姻後1年以上の夫婦で、妻が1年以上浅口市に住所を有する方
  • 申請日において、対象者および世帯員に市税滞納者がいないこと
  • 専門医療機関で不育症と診断され治療している方
  • 他の市町村から不育治療に対する同種の助成を受けていないこと

助成額および回数

  • 助成額:医療保険が適用されない治療費に対して1人当たり150万円を限度(1,000円未満切捨て)とします
  • 申請回数:問いません(入院費、食事代など治療に直接関係のないものは除く)

治療途中での申請も可能です

提出書類

  • 浅口市不育治療支援事業助成金交付申請書(様式第1号)
  • 不育治療受診証明書(様式第2号)
  • 戸籍謄本(外国人にあっては法律上の夫婦であることを証明する書類)
  • 妻の住民票の写し
  • 補助金等交付請求書
  • その他市長が必要と認める書類

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部健康推進課 

〒719-0243 岡山県浅口市鴨方町鴨方2244番地26

電話番号:0865-44-7114

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?