ホーム > くらしのガイド > 消費生活 > 市長からのメッセージ

ここから本文です。

更新日:2022年2月24日

市長からのメッセージ

皆さん、こんにちは。
浅口市長の栗山康彦です。

皆さんは「消費生活センター」をご存知ですか。

インターネットの普及や少子高齢化により、契約トラブルや悪質商法・特殊詐欺は年々複雑多様化していますが、浅口市消費生活センターでは、商品やサービスに関するトラブルなど消費生活全般に関する皆さんからの相談に対し、専門的な知識を持つ相談員が、公正な立場でアドバイスや話し合いの調整、情報提供を行っています。

消費生活センターに寄せられる相談件数は年々増加しており、従来の悪質商法などのほか、劇場型の振り込め詐欺や市職員をかたる還付金詐欺、金融機関や警察官をかたり被害者の隙を見てキャッシュカードをすり替える窃盗被害など、その手口も年々変わり続け、巧妙になっています。また、近年はその手軽さから、通信販売を利用する方が増加していますが、それにまつわる相談やトラブルも増加傾向にあります。

さらに、2022年4月からは、民法の改正により、成年年齢が20歳から18歳に引き下げられます。成年年齢の引き下げは、社会が18歳以上を大人として扱う、ということになるわけですが、責任を負うのも自分自身になります。社会経験に乏しく、保護がなくなったばかりの新成人を狙い撃ちにする悪質な業者もいます。

2021年度においても、消費生活センターではなりすまし・かたり電話や架空請求、マルチ商法、無料商法、インターネット通信販売、成年年齢の引き下げなどについて、たびたびホームページや笠岡放送、市報を通じ注意喚起を行ってまいりました。また、新型コロナウイルス感染症の影響により、例年に比べて開催回数は減ったものの、専門の相談員が地域に出向き、悪質商法や特殊詐欺の手口と対策をお伝えする「消費生活出前講座」を実施しています。

浅口市ではこれからも、市民の皆様が安心して消費生活を送ることができるよう、消費者トラブルの解決や被害からの救済に努めるとともに、責任と自覚を持って行動できる賢い消費者になるための啓発・教育活動にも力強く取り組んでまいります。

ご相談は来所や電話ですることができます。相談内容や個人情報は固く守られます。一人で悩まず、おかしいな?困ったな?と思ったら、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

浅口市消費生活センター  

〒719-0295 岡山県浅口市鴨方町六条院中3050番地

電話番号:0865-44-9035

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?