ホーム > くらしのガイド > 防災・防犯・交通安全 > 防災情報 > 平成30年7月豪雨による災害関連情報 > 平成30年7月豪雨災害に係る国民健康保険・介護保険・後期高齢者医療の自己負担分の減免期間の延長について

ここから本文です。

更新日:2019年6月26日

平成30年7月豪雨災害に係る国民健康保険・介護保険・後期高齢者医療の自己負担分の減免期間の延長について

平成30年7月豪雨の被災者の方で、浅口市の国民健康保険・介護保険、岡山県の後期高齢者医療に加入している場合、次の1~5のいずれかに該当する方は自己負担分について、支払いが免除されています。
この措置は、本年6月末で終了となりますが、このたび、その自己負担分について、本年12月31日まで減免の措置を延長することとしました。

保険証と免除証明書の両方を、病院や介護サービス事業所等の窓口で、提示していただきますと、病院での窓口負担や介護保険の利用料について支払いが、本年12月末まで不要になります。

免除証明書は、あらかじめご加入の各保険者に申請を行うことで交付されますので、お手続きをお願いします。

  1. 住家の全半壊、全半焼、床上浸水またはこれに準ずる被災をされた方
  2. 主たる生計維持者が死亡し又は重篤な傷病を負われた方
  3. 主たる生計維持者の行方が不明である方
  4. 主たる生計維持者が業務を廃止、又は休止された方
  5. 主たる生計維持者が失職し、現在収入がない方

 

 

お問い合わせ

生活環境部市民課 

〒719-0295 岡山県浅口市鴨方町六条院中3050番地

電話番号:0865-44-9042

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?