ホーム > 産業・観光 > 中小企業支援 > 事業継続支援金【浅口市独自】

ここから本文です。

更新日:2020年9月1日

事業継続支援金【浅口市独自】

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、売上が減少した市内事業者の皆様に、事業継続のため事業全般に広く使える支援金を交付します。

お願い

申請書類に不備があると、内容確認や審査に時間がかかり、支援金のお振込みまでにお時間をいただくこととなります。提出にあたっては、必ず事前にパンフレットや申請書記入例、よくあるご質問等をご確認ください。

支援金額

一律10万円(支給は1事業者1回のみ)

対象者

次の全ての要件を満たす事業者(令和2年9月1日より事業者要件の下記赤字部分を拡大しました。)

  • 浅口市内の中小企業者又は小規模事業者(法人は、市内に主たる事業所又は飲食店を有すること。個人事業主は、市内に住所又は主たる事業所若しくは飲食店を有すること。)(注)1、2
  • 新型コロナウイルス感染症の影響により、令和2年1月から12月までのいずれか1か月の売上高が、前年同月比で20%以上減少していること。(注)3、4
  • 令和元年(法人は前事業年度)の確定申告等を行っていること。

(注)1.個人事業主とは、事業を行う個人であって、主たる収入が給与・年金等でないもの(事業収入が、給与・年金等他の収入を含む合計額の2分の1以上を占めるもの)、とします。なお、事業収入を税務上の雑所得又は給与所得で確定申告している場合は、その所得の一部又は全部が、指定する書類により、雇用契約によらない業務委託契約等に基づく事業活動からの収入であることが証明された場合、個人事業主としての事業収入とすることができます。(詳しくは「よくあるご質問」2-Q18をご参照ください。)

(注)2.令和元年12月31日時点から事業を継続している方が対象です。

(注)3.証明のため、令和元年(法人は前事業年度)の確定申告書類と、対象とする減収月の売上高を示した売上台帳の写し等の提出が必要です。

(注)4.年間売上減少見込みが支援金額(10万円)に満たない場合、支援金は交付されません。

対象となりうる方

令和元年(法人は前事業年度)の確定申告等を行っている、

  • 会社(株式会社、合名会社、合資会社、合同会社、有限会社)
  • 個人事業主
  • 企業組合、協業組合、協同組合
  • 医療法人、社会福祉法人、一般社団法人、公益社団法人、学校法人、特定非営利活動法人

【中小企業者の範囲】

主たる事業の業種

資本金の額

または出資の総額

常時使用する
従業員の数

1.製造業、建設業、運輸業
その他の業種(2~4以外)

3億円以下 300人以下
2.卸売業 1億円以下 100人以下
3.サービス業 5千万円以下 100人以下
4.小売業 5千万円以下 50人以下

対象とならない方

  • 政治団体
  • 宗教上の組織もしくは団体
  • 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第2条第4号及び第5号に規定する者、同条に規定する「性風俗関連特殊営業」、当該営業に係る「接客業務受託営業」を行う方
  • その他、支援金の趣旨・目的に照らして適当でないと市長が判断する方

申請に必要な書類

申請書は、市役所本庁産業振興課、金光・寄島総合支所産業建設課、浅口商工会でも入手できます。

申請書に加えて、以下の書類が必要です。

法人の方

  • 前事業年度の確定申告書類の写し(別表一、及び法人事業概況説明書(両面))
  • 売上減少となった月の売上高がわかるもの(売上台帳等)
  • 法人名義の口座通帳の写し(おもて面と通帳を開いた1、2ページ目の両方)
  • 市内飲食店の経営を証する書類(前事業年度法人市民税申告書等)(注)市外に主たる事業所を有し、市内に飲食店を有する法人の場合

個人事業主の方

  • 令和元年の確定申告書類の写し

青色申告の方:令和元年分の確定申告書B第一表、及び所得税青色申告決算書(1、2ページ目)

白色申告の方:令和元年分の確定申告書B第一表(市外に住所を有する方は「収支内訳書」もあわせて提出)

  • 売上減少となった月の売上高がわかるもの(売上台帳等)
  • 申請者本人名義の口座通帳の写し(おもて面と通帳を開いた1、2ページ目の両方)
  • 本人確認書類(運転免許証(両面)、マイナンバーカード(おもて面)等の写し)

申請期間

令和2年6月15日(月曜日)から令和3年1月29日(金曜日)まで

申請方法

申請書に必要事項を記載し、申請に必要な書類を添付して申請期間内に提出してください。(1事業者1回のみ)

相談窓口

以下の場所・日時で、申請に関する相談ができます。

  • 市役所本庁産業振興課(平日9時~17時)

浅口商工会の窓口でも相談・申請ができます。(要予約)

  • 浅口商工会本部(平日9時~17時)
  • 浅口商工会金光支所(火曜日及び木曜日10時~15時)
  • 浅口商工会寄島支所(水曜日10時~15時)

申請書類一式を封筒に入れて、郵送または窓口に提出してください。

郵送で提出する場合

【郵送先】

〒719-0295

浅口市鴨方町六条院中3050

浅口市産業振興課あて
「支援金申請書在中」と朱書きしてください。

郵送料は申請者の負担となります。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、原則郵送での提出をお願いします。

窓口へ提出する場合

【提出先】本庁産業振興課、金光・寄島総合支所産業建設課(平日9時~17時)
浅口商工会窓口でも、相談受付時間内であれば提出可能です。

浅口市を装った詐欺にご注意ください

事業継続支援金の申請にあたって、通帳やカードを預かる、暗証番号を尋ねる、ATMの操作を指示する、お金を請求することは絶対にありません。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業建設部産業振興課

電話番号:0865-44-9035

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?