ホーム > 産業・観光 > 観光 > 遊ぶ・体験 > 瀬戸内海国立公園

ここから本文です。

更新日:2015年4月26日

瀬戸内海国立公園

寄島園地

寄島園地(瀬戸内海国立公園)

誰もが手軽に自然とふれあえる場所として、環境庁と岡山県が遊歩道、展望台、休憩施設の整備を行い、1995年にオープン。干拓により本土と陸続きになったこの島は全体が瀬戸内海国立公園に指定されており、なかでも南側は特に優れた景観を有しているため第2種特別地域になっている。
島の南側は、昔ながらの自然がそのまま残っており、特に瀬戸内海沿岸では今やほとんど見ることができない自然海岸はすばらしく、釣り、海水浴等の利用者が多い。またここの展望台からは、近くに瀬戸内海の多島美を形成する塩飽・笠岡諸島の島々や瀬戸大橋、遠くに四国山地の素晴らしい眺めを満喫することもできる。

三ツ山(三郎島)

三ツ山

寄島園地のある三郎島の西海岸沖に粗粒花こう岩からなる三つの島があります。高さ10メートル、長さ15メートル、相互に約6メートルの間隔をおいて規則正しく並び、干潮時には三つの島へ本土側から歩いていけます。

三郎海岸

三郎海岸

瀬戸内海国立公園「寄島園地」のある三郎島の南側にあり、東西約1キロメートルにわたって砂浜が広がっています。海水浴や釣りなども楽しめます。

 

所在地

岡山県浅口市寄島町三郎

その他

駐車場有

交通

  • 山陽本線鴨方駅より車で約20分
  • 山陽自動車道課鴨方インターより車で約20分

 

お問い合わせ

寄島総合支所産業建設課 

〒714-0101 岡山県浅口市寄島町16010番地

電話番号:0865-54-5116

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?