ここから本文です。

更新日:2017年11月15日

農地の転用

農地を宅地などの農地以外のものにする(転用といいます)場合には、農地法の許可が必要です。
農地所有者自らが転用する場合には農地法第4条、転用目的で農地の売買・貸借等をする場合には農地法第5条の規定による申請が必要です。金光地域の市街化区域内の農地については届出となります。

埋蔵文化財包蔵地の開発行為には届出が必要

土木工事を伴う開発を行う場合や工事中に遺跡が発見されたときには、文化財保護法に基づく届出を行う必要があります。古墳や遺跡のようにすぐわかるものもありますが、多くの遺跡は地中に埋もれていて地表ではわかりません。

そこで土地を開発する場合、事前に遺跡の範囲に該当するかを確認する必要があります。農地転用、農業用施設の申請・届出をいただいてからその場所が遺跡かどうか確認し、遺跡の範囲内であると確認した場合には、後日連絡させていただいています。遺跡の範囲内は、原則として事前に発掘調査が必要ですが、工事を工夫をすることで調査をしなくても済む場合もあります。

お手数ですが、文化財保護法に基づく発掘届けは工事着工手日の60日前までに手続きをお願いしています。

皆さまのご理解とご協力をお願いします。

手続き方法

申請の流れ

  1. 許可申請書の提出(平成29年2月21日からの申請について、金額にかかわらず資金証明書の添付が必須となりますのでご注意ください。)
  2. 申請内容の審査、現地確認
  3. 農業委員会で審議・決定(毎月15日頃)
  4. 3,000平方メートルを超えるなど、案件によっては岡山県農業会議へ諮問(毎月28日頃)
  5. 許可書交付(農業委員会での決定後に許可書交付、申請受付締切日よりおおむね30日。ただし、岡山県農業会議への諮問が必要な場合は、諮問日以降になります。)

届出の流れ(金光地域の市街化区域内農地の場合のみ)

  • 届出書の提出(随時受付)
  • 届出内容の審査、現地確認
  • 受理通知書交付(届出の受付から10日程度)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農業委員会事務局  

〒719-0295 岡山県浅口市鴨方町六条院中3050番地

電話番号:0865-44-9012

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?