ホーム > 産業・観光 > 中小企業支援 > 浅口市民3万4000人のテイクアウト応援プロジェクト#浅口エール飯

ここから本文です。

更新日:2020年5月28日

浅口市民3万4000人のテイクアウト応援プロジェクト#浅口エール飯

エール飯_全体

#浅口エール飯とは

新型コロナウイルス感染症の拡大により、全国的にイベントの中止や外出自粛などが広がり、市内でも普段のにぎわいが失われつつあります。市内の旅館・ホテルを含む飲食を提供するお店でも宿泊や宴会の中止が相次ぎ、苦境に立たされています。

全国的な自粛ムードで、飲食店は「お客さんを呼びたくても呼べない」、飲食店を応援したい市民も「お店に行きたくても行けない」という状況になっています。

そこで「テイクアウト&デリバリー」で飲食店を応援するプロジェクトが「#浅口エール飯」です。テイクアウトやデリバリーであれば、浅口の美味しいお店の味が家に居ながら楽しむことができます。

「#エール飯」は、新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、大分県別府市から始まったプロジェクトで、全国的な広がりを見せています。

テイクアウト&デリバリー情報

↑↑↑↑↑↑浅口市観光協会ホームページ「浅口のテイクアウト&デリバリー情報」(外部サイトへリンク)

皆さんにお願いしたいこと

飲食店はテイクアウト・デリバリーできる商品を、市民は持ち帰った料理をハッシュタグ付き(「#浅口エール飯」)で「Instagram」や「Twitter」に投稿しましょう。

立ち上がれ、浅口の料理人達。

コロナショックで、外食自粛に歯止めがかからない。

「積極的に店に来てくれ」とは言えないあなた。

でもあなたは、知っている。

あなたの飯を食べたくても店に行けないファンがいることを。

店に呼べないなら、届ければいい。

美味い飯を、テイクアウトしてもらえばいい。

浅口市民3万4000人のエールに答えるのは、あなたが作る、“美味い飯”なのだ。

立ち上がれ、浅口の料理人達。

集え、浅口の美味い飯。

“美味い”はコロナに負けない。

エール飯_料理人_画像

沸き上がれ、浅口市民。

出口の見えない、コロナウイルスとの戦いは、浅口の飲食店にも、危機をもたらしている。

あなたが小さい頃から通っているあの店にも。

あの店のあの味を、今守れるのは、あなただ。

1人では救うことができないあの店の味も、浅口市民3万4000人が集まれば、救うことができる。

例えば、1人が1食、あの店の味をテイクアウトしただけで、3万4000食。

浅口市民3万4000人のテイクアウトで、浅口の“美味い”が救えるのだ。

エール飯_市民_画像

お問い合わせ

産業建設部産業振興課 

〒719-0295 岡山県浅口市鴨方町六条院中3050番地

電話番号:0865-44-9035

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?