ホーム > くらしのガイド > 健康・福祉 > 生活困窮者のための支援 > 住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(令和3年度)

ここから本文です。

更新日:2022年5月11日

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(令和3年度)

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、様々な困難に直面した皆さんの生活や暮らしの支援を受けられるよう、住民税非課税世帯等に対して臨時特別給付金を給付します。

給付対象となる方

1.住民税非課税世帯

基準日(令和3年12月10日)において浅口市に住民登録があり、世帯全員の令和3年度分の住民税均等割が非課税の世帯

(注)ただし、世帯全員が、住民税が課税されている他の親族等の扶養を受けている場合は対象外となります。

2.家計急変世帯

1.のほか、申請時に浅口市に住民登録があり、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、令和3年1月以降、住民税非課税相当の収入となった世帯

給付額

1世帯あたり10万円

(注)1世帯1回限り。また、1・2の重複受給はできません。

申請方法

1.住民税非課税世帯

世帯の全員が令和3年度住民税非課税であることが給付の対象要件となります。

  • 対象世帯には、令和4年1月下旬から順次、確認書を送付します。確認書には、特別定額給付金を振込みした口座を記載していますので、口座番号等に変更がないかを確認いただき、同封した返信用封筒により確認書を返送ください。
  • 受付期間は、確認書を発送した日から3か月経った日までです。
  • 住民税が課税されていない場合でも未申告の人が世帯の中にいる場合は対象となりません。その場合は、該当する人の住民税申告がなされた後に確認書を送付します。ただし、給与所得者や年金受給者などは、原則として当給付金に係る住民税申告を要しません。
  • 住民税申告に関するお問い合わせは、浅口市役所税務課(0865-44-9040)へお願いします。

2.家計急変世帯

  • 新型コロナウイルス感染症の影響を受け、令和3年1月以降の収入が減少し「住民税非課税相当」の収入となった世帯(家計急変世帯)は、申請書が必要です。申請についてのお問い合わせは、社会福祉課まで連絡ください。
  • 受付期間は、令和4年2月1日から令和4年9月30日までです。

≪申請書等ダウンロード≫

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(家計急変世帯分)申請・請求書(PDF:305KB)

簡易な収入(所得)見込額の申立書(家計急変者)(PDF:682KB)

 

【非課税相当収入限度額早見表】

扶養している親族の状況 非課税相当収入限度額
扶養人数0名(単身又は扶養している人がいない場合) 93.0万円
扶養人数計1名(配偶者又は扶養親族を扶養している人数) 137.8万円
扶養人数計2名(配偶者や扶養親族を扶養している人数) 165.8万円
扶養人数計3名(配偶者や扶養親族を扶養している人数) 209.0万円
扶養人数計4名(配偶者や扶養親族を扶養している人数) 249.0万円

 

障害者、未成年者、寡婦、ひとり親の場合 204.3万円

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金窓口
〒719-0243 岡山県浅口市鴨方町鴨方2244番地26
電話番号:0865-44-7240

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?