ホーム > 岡山天文博物館|星景写真展関連イベント「ギャラリートーク」&「星景写真の撮り方講座」参加者の募集

ここから本文です。

更新日:2019年2月22日

岡山天文博物館|星景写真展関連イベント「ギャラリートーク」&「星景写真の撮り方講座」参加者の募集

岡山天文博物館では、大西浩次星景写真展「宇宙を見る眼-天文台のある星空-」関連イベントとして、作者である大西浩次さんを講師に迎え、「ギャラリートーク」および「星景写真の撮り方講座」を開催します。

ギャラリートークでは、それぞれの作品に込められた思いや撮影のエピソードなどについて、詳しく解説していただきます。星景写真の撮り方講座では、これから星景写真を撮影してみたいと考えている初心者を対象に、星景写真の撮影方法やポイントについて解説します。ぜひともご参加ください!

日時

2019年3月30日(土曜日)

  • ギャラリートーク:午後4時00分~午後5時00分
  • 星景写真の撮り方講座:午後6時00分~午後8時30分

場所

岡山天文博物館(浅口市鴨方町本庄3037-5)

講師

大西浩次さん(長野工業高等専門学校教授.日本星景写真協会副会長)

対象

【ギャラリートーク】

どなたでも

【星景写真の撮り方講座】

デジタル一眼レフカメラ等のカメラをお持ちの方(18歳未満は保護者同伴のこと)

募集人数

【ギャラリートーク】

30人

【星景写真の撮り方講座】

20人

参加費

【ギャラリートーク】

入館料(高校生以上100円、小中学生50円)

【星景写真の撮り方講座】

入館料(高校生以上100円、小中学生50円)

申込方法

どちらも、3月9日(土曜日)より、電話で岡山天文博物館(電話番号0865-44-2465)へお申し込みください。
(先着順。定員になり次第締め切り)

その他

【星景写真の撮り方講座】

  • デジタル一眼レフカメラ(それに相当する機種※)、レンズ(広角レンズ推奨)、三脚、レリーズなどの撮影に必要な機材、懐中電灯等を各自お持ちください。
  • デジタルカメラは、マニュアル設定で露出時間を10秒以上に設定できること、ピントを無限遠にあわせられること、絞り値の調整ができることなどが必要です。説明書を参考に、各自操作を確認してください。
  • 屋外での実習がありますので、十分な防寒対策をお願いします。
  • 天候等の事情により、内容・時間が変更になることがあります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

岡山天文博物館

浅口市鴨方町本庄3037-5

電話番号:0865-44-2465

開館時間:午前9時~午後4時30分
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は開館)、祝日の翌日など

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?