ホーム > よくある質問 > 広報・広聴 > 情報公開請求は、どのようにすればいいのですか?

ここから本文です。

更新日:2022年8月26日

情報公開請求は、どのようにすればいいのですか?

情報公開の請求は、総務課で受け付けています。

開示請求をすると、原則として15日以内に開示・部分開示・不開示などの決定を行い、請求者にお知らせします。

開示請求できる方(次のいずれかに該当する方)

  • 市内に住所を有する方
  • 市内に事務所または事業所を有する個人および法人その他の団体
  • 市内に存する事務所または事業所に勤務する方
  • 市内に存する学校に在学する方
  • その他、市が行う事務事業に利害関係を有する方(この場合、当該利害関係に関する行政文書の開示請求に限られます。)

開示請求の手続

開示請求書に請求者の郵便番号、住所、氏名、電話番号と請求する行政文書の件名または具体的な内容などを記載し提出することで請求できます。

開示請求は、開示窓口(下記担当課)で記入、または、開示窓口への持参によりご提出ください。(来庁が困難な場合は、FAXや郵便等により開示請求をすることができます。事前に開示窓口までお問い合わせください。)

開示請求費用

手数料は無料です。ただし、文書の写しを希望する場合には、コピー代が必要です。

郵送を希望する場合には、郵送料(実費)が必要です。

コピーサイズ

金額

白黒A3まで

1枚(面)あたり10円

白黒A2からA0まで

1枚(面)あたり200円

カラーA3まで

1枚(面)あたり100円

 

 

 

 

開示できない場合

  • 法令等の規定により、公にすることができないとされている情報
  • 個人に関する情報であって、特定の個人が識別できる情報
  • 法人その他の団体や事業を営む個人の正当な利益を害するおそれのある情報および開示しないことを条件に法人等から提供された情報
  • 人の生命等の保護、犯罪の予防等その他の公共の安全と秩序の維持に支障を及ぼすおそれがある情報
  • 国や他の地方公共団体等との協力関係または信頼関係が損なわれるおそれがある情報
  • 審議、検討または協議に関する情報であって、率直な意見の交換ができなくなったり、特定の者に不当に利益を与えたりするおそれがある情報
  • 市の事務事業の適正な遂行に支障が生じるおそれがある情報

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画財政部総務課 

〒719-0295 岡山県浅口市鴨方町六条院中3050番地

電話番号:0865-44-7000

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?