ホーム > 市政情報 > まちづくり > 都市計画 > あさくち住マイルロード促進事業

ここから本文です。

更新日:2021年9月24日

あさくち住マイルロード促進事業

浅口市では、「あさくち住マイルプロジェクト」を推進しており、市内への定住促進を図るため、民間の事業者による宅地の開発に伴う道路整備事業に要する経費等に対し、「あさくち住マイルロード促進事業奨励金」を交付しています。

整備前整備前

整備後整備後

交付対象

  • 市内の拠点施設からおおむね1マイル(約1.6キロメートル)までの土地における開発行為に伴い道路整備事業を行った者

拠点施設

ア.市役所(浅口市役所、金光総合支所、寄島総合支所)

イ.駅(金光駅、鴨方駅)

ウ.学校等(金光幼稚園、金光小学校、金光竹小学校、金光吉備小学校、金光中学校、鴨方東幼稚園、鴨方西幼稚園、六条院こども園、鴨方東小学校、鴨方西小学校、六条院小学校、鴨方中学校、寄島こども園、竜南保育園、寄島小学校、寄島中学校)

エ.山陽自動車道、玉島笠岡道路におけるインターチェンジ(予定箇所を含む。)

開発行為

  • 開発行為とは、分譲を目的とした宅地で、区画数が4以上、かつ1区画の最小面積が150平方メートル以上のものを整備することをいいます。

道路整備事業

  • 道路整備事業とは、市道の整備及び法定外公共物のうち道路に係る整備をいいます。

奨励金の交付の対象となる道路整備事業

  • 奨励金の交付の対象となる道路整備事業は、次のとおりです。
  • 詳細は、奨励金交付要綱をご確認ください。

浅口市あさくち住マイルロード促進事業奨励金交付要綱(外部サイトへリンク)

開発区域に接する既存の市道の拡幅(1つの開発区域につき1箇所に限る。)
奨励金対象整備事例

 

zu1-s

  1. 拡幅後の幅員(路肩を除く。)が4.0メートル以上であること。
  2. 拡幅後の縦断勾配は、浅口市市道の構造の技術的基準を定める条例に定める基準を満たすものであること。
  3. 市に寄附されるものであること。
  4. 開発区域に隣接して宅地の開発ができるように配慮されていること。

交付額等

交付対象経費 既存の市道の拡幅に要する工事費(用地取得費及び支障物移転費を除く。)
交付額

次に掲げる額のいずれか少ない額

ア.整備延長に1メートル当たり100,000円を乗じて得た額

イ.既存の市道の拡幅に要した工事費

限度額

上限:10,000,000円

下限:100,000円

(注)開発区域とは、開発行為の区域をいいます。

奨励金の認定の申請方法

必要書類

  • 位置図、計画平面図、計画縦横断図、計画構造物詳細図、丈量図、公図の写し、土地登記事項証明書、現況写真及び工事費内訳書(様式第2号)(PDF:63KB)
  • 道路整備事業の承認又は許可が必要な場合は、その承認又は許可を証明する書類の写し
  • 開発行為の許可又は承認が必要な場合は、その許可の申請又は承認の届出を証明する書類の写し
  • 農地転用が必要な場合は、その許可の申請を証明する書類の写し
  • その他市長が必要と認める書類

手続きの流れ

  • 奨励金の認定申請書の受付後、審査を行い、適当と認めるときは、「あさくち住マイルロード促進事業奨励金認定通知書(様式第3号)」を交付します。
  • この奨励金認定通知書を受領した後、工事に着手してください(市の審査を受けずに工事に着手した場合は、奨励金の対象外となります。)。

  • 道路整備事業の完了後、奨励金の交付申請を行ってください。
  • 奨励金の交付申請の受付後、審査を行い、適当と認めるときは、「あさくち住マイルロード促進事業奨励金交付決定通知書(様式第9号)」を交付します。
  • この奨励金交付決定通知書を受領した後、「あさくち住マイルロード促進事業奨励金請求書(様式第10号)(PDF:56KB)」により、奨励金の請求を行ってください。

様式

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業建設部まちづくり課 

〒719-0295 岡山県浅口市鴨方町六条院中3050番地

電話番号:0865-44-9044

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?