ここから本文です。

更新日:2013年4月1日

自生地の観察

アッケシソウ自生地は、浅口市の南端、寄島干拓地に位置しています。本州唯一の自生地であり、浅口市教育委員会では、市指定文化財(天然記念物)に指定して保護しています。

4月

発芽1

アッケシソウ発芽の様子(4月上旬)

発芽2

4月下旬のアッケシソウの様子1

前年のアッケシソウから種子が落ち、地面にはびっしりと発芽しています。

4月下旬のアッケシソウの様子2

 

4月下旬のアッケシソウの様子3

 

5月

 

5月中旬の発芽の様子1

5月中旬の発芽の様子2

成育の良い個体は、分枝を始めています。

6月

6月発育の様子

分枝は、節目ごとに左右対をなして出ます。次の節目では、日光を充分吸収するために前の枝に重ならないように対に出ます。10センチ程度に生長しています。(6月中旬)

7月

7月生育の様子

自生内のこの箇所では、アッケシソウが密集していないので、生長は良好であります。20センチ程度に生長しています。(7月中旬)

8月

アッケシソウ自生地の8月上旬の様子

写真中央の柵の向こう側が自生地

アッケシソウ自生地の8月上旬の様子2

手前がアッケシソウ。奥川がヨシ。

8月上旬のアッケシソウ1

自生内のこの箇所では、アッケシソウが30センチまでに生長しています。(8月中旬)

8月上旬のアッケシソウ2

猛暑の中、アッケシソウは大きく生長しています。(8月中旬)

9月

9月開花の様子

アッケシソウの花が開花しました。花は、先の方の節に、白い小さな花が3つずつついています。(9月中旬から下旬)

お問い合わせ

教育委員会事務局文化振興課 

〒719-0243岡山県浅口市鴨方町鴨方2244-2

電話番号:0865-44-7055

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?