ここから本文です。

更新日:2020年5月13日

浅口市指定文化財・天然記念物

ゲンジボタル生息地(げんじぼたるせいそくち)

28ゲンジボタル生息地

ホタルは世界中に約2000種、日本には43種位いると言われている。中でも「ゲンジボタル」と「ヘイケボタル」だけは幼虫期を水中で過ごすので、世界の発光生物学者から大変珍重されている。特に「ゲンジボタル」は、日本にだけ生息しているホタルである。「ゲンジボタル」の生息条件は、清流であること、餌となるカワニナがいること、川岸に幼虫がもぐれる土があることなどである。「ホタルの生息できる場所」は素晴らしい自然環境が残されているということにもなる。この日本固有の「ゲンジボタル」の生育条件と自然環境を保護することは、環境教育の重要性が増す中で極めて重要なことである。

記録映像(外部サイトへリンク)

安倉八幡の大樟(あくらはちまんのおおくす)

29安倉八幡の大樟

安倉八幡の樟は、樹齢650余年の大樹である。目通しの幹囲5.26m、根元幹囲7.75m、樹高20mを測る。枝張りは、東に13.0m、南に5.0m、西に9.5m、北に10.4mであり、地上4mより、3枝に分かれている。1839(天保10)年この付近一帯が、高渕冨造氏よって干拓され、鳴滝新開と呼ばれており、この大樟は当時の海岸線を語る貴重な天然記念物である。

アッケシソウ自生地(あっけしそうじせいち)

30アッケシソウ自生地

アッケシソウ(厚岸草、学名:Salicorniaeuropaea、別名:珊瑚草)は、北半球の塩湿地に広く分布し、国内では北海道(現存)と宮城県(絶滅)瀬戸内海沿岸のごく一部、香川県(現存)、徳島県(絶滅)、愛媛県(現存)と岡山県のみに分布が知られている。これらの中で、寄島干拓のアッケシソウは本州唯一の自生地であり、きわめて貴重な存在である。

記録映像(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

教育委員会事務局文化振興課 

〒719-0243岡山県浅口市鴨方町鴨方2244-2

電話番号:0865-44-7055

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?