ホーム > くらしのガイド > 水道・下水道 > 下水道 > 下水道事業は公営企業会計に移行します

ここから本文です。

更新日:2020年4月1日

下水道事業は公営企業会計に移行します

浅口市下水道事業は、令和2年4月1日から地方公営企業法の一部(財務規定等)を適用します。それに伴い、これまでの「官庁会計(単式簿記、現金主義)」から「公営企業会計(複式簿記、発生主義)」に移行することとなりました。

公営企業会計導入の意義

公営企業会計を導入することで、これまでわかりにくかった経営状況(1年間の経営成績は赤字か黒字か)や財政状況(資産をどの程度持っていて、そのための借金がいくらあるのか)が明らかになります。

施設の老朽化、人口減少による料金収入の減少など経営環境が厳しさを増す中、安定的な下水道事業の継続とサービス提供のために、公営企業会計に移行し、自らの経営状況を把握することで、より効率的な経営を目指します。

利用方法等の変更点

会計方式が変わるだけですので、窓口での申請・手続きや下水道使用料等に変更はありません。今までと同じようにお手続きください。

お問い合わせ

上下水道部下水道課 

〒719-0295 岡山県浅口市鴨方町六条院中3050番地

電話番号:0865-44-9038

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?