ホーム > くらしのガイド > 水道・下水道 > 下水道 > 排水設備の新設・改造・増設

ここから本文です。

更新日:2020年4月1日

排水設備の新設・改造・増設

排水設備とは

下水道は市が道路などに設置し、管理を行う「公共下水道」と個人が個人の敷地に設置し、家庭から出る汚水を公共下水道へ流すための「排水設備」からなっています。排水設備とは、台所、風呂、水洗トイレなどから公共ますまでをいい、個人の所有物となるため、保守、点検などの管理は、個人ですることになります。

排水設備を新設・改造・増設する場合は、必ず市が指定する排水設備指定工事店で工事を行ってください。

排水設備工事は速やかに

公共下水道が完成し、お住まいの地域が処理区域になると台所、風呂、洗面所、洗濯などの汚水を道路の側溝や水路に流している場合、できるだけ早く公共下水道に直接流す「排水設備」を設置しなければなりません。

処理区域のくみ取り式トイレは、供用開始公示後3年以内に水洗トイレに改造しなければなりません。また、処理区域内では、水洗トイレ以外の便所は設置できません。

工事の手続きの流れ

排水設備工事の手続きの流れは次のとおりです。申請書類の提出などは、指定工事店が代行しますので、工事の内容や金額を指定工事店と十分に協議して、後日、疑義が生じないようにしてください。

依頼者は「指定工事店」に直接工事の申込みを行ってください。→指定工事店が現地調査、設計、見積りをしますから便器の種類、施工方法、費用、支払条件などについて十分に打合せを行い、工事契約をします。

  1. 「指定工事店」は排水設備計画確認申請書を作成し、市に提出します。書類の作成、提出は指定工事店が代行します。排水設備計画確認申請書には、申請者の署名及び押印が必要です。供用開始公示前の処理区域で排水設備工事を行う場合、「公共下水道特別使用の許可申請について」の提出も必要です。
  2. 市では、申請書をもとに施工方法などが市の基準に適合し、適正かどうかを審査して、工事の許可をします。審査に合格すると工事許可書が交付されます。許可を受けた後でなければ、工事に着手できません。
  3. 「指定工事店」は工事に着手します。工事は、台所・風呂・トイレなどの排水口から公共ますまでの排水管や汚水ますを新設、既設のますの改修をします。既設の便槽、浄化槽の対応は、指定工事店と相談して工事を行ってください。
  4. 「指定工事店」は、工事終了後直ちに「工事完了届」を市に提出します。「工事完了届」の提出が遅れた場合、遡って下水道使用料の請求を行う場合がありますので、工事終了後、速やかに提出してください。
  5. 市は工事完了届により、完了検査を行い、検査に合格すると検査済証を交付します。完了検査は、申請書どおりに工事が行われたかどうかを調べるものです。完了検査のとき、指定工事店に手直しを指示することがあります。
  6. 申請者(依頼者)は、水道・下水道使用開始等届出書を市に提出し、使用することができるようになります。水道・下水道使用開始等届出書は、完了検査のときに使用しますので、「工事完了届」と一緒に提出してください。

受付窓口(お問い合わせ先)

  • 浅口市役所上下水道部下水道課電話0865-44-9038
  • 金光総合支所産業建設課(上下水道係)電話0865-42-7303
  • 寄島総合支所産業建設課(上下水道係)電話0865-54-5116

お問い合わせ

上下水道部下水道課 

〒719-0295 岡山県浅口市鴨方町六条院中3050番地

電話番号:0865-44-9038

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?