ホーム > くらしのガイド > 健康・福祉 > 感染症対策 > 「インフルエンザ警報」が発令されています

ここから本文です。

更新日:2023年12月5日

「インフルエンザ警報」が発令されています

岡山県ではインフルエンザの定点医療機関あたりの報告数が30人を上回り、今後もさらなる流行拡大の可能性があることから、令和5年12月1日付けで県内全域に「インフルエンザ警報」が発令されました。日常生活における感染症予防として手洗いを励行するなど、感染予防に気をつけましょう。

場面に応じた感染防止対策

  • 場面に応じたマスクの着用
  • 手洗い、手指消毒の実施
  • 室内の適度な湿度設定、定期的な空気の入れ換え
  • 高齢の方や基礎疾患のある方などは、人混みを避ける
  • 十分な休養、バランスのとれた食事

予防接種

  • 特に高齢の方や基礎疾患がある方、妊婦、乳幼児など、重症化リスクが高い方はインフルエンザワクチンの接種を検討しましょう(ワクチン接種により、発症をある程度抑える効果や、重症化を予防する効果があります)

感染の拡大を防ぐために

  • 発熱等の症状が出た時は、早めに医療機関を受診しましょう
  • 咳などの症状があるときは、マスクを着用するなどの「咳エチケット」を
  • インフルエンザと診断されたら外出を控え安静にして休養をとりましょう

関連リンク

お問い合わせ

健康福祉部健康こども福祉課 

〒719-0243 岡山県浅口市鴨方町鴨方2244番地26

電話番号:0865-44-7114

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?