ホーム > くらしのガイド > 健康・福祉 > 予防接種 > 高齢者の肺炎球菌予防接種

ここから本文です。

更新日:2021年10月1日

高齢者の肺炎球菌予防接種

肺炎球菌予防接種は、肺炎球菌が原因で起こる肺炎などの感染症を予防し、また感染してしまった場合にも、その重症化を防ぐ効果があります。

浅口市では高齢者肺炎球菌予防接種の費用を一部助成します。過去に23価肺炎球菌ワクチンを接種したことがない方を対象に定期接種の機会を設けています。

実施期間

令和3年4月1日~令和4年3月31日

対象者

浅口市に住民票を有し、過去に23価肺炎球菌ワクチンを接種したことがない方で、以下の1か2に該当する方

  1. 令和3年度中に、65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる方(対象者一覧表(PDF:74KB)
  2. 接種日に満60歳以上65歳未満で、心臓、腎臓、呼吸器またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害を有する方(該当の障害単独で身体障害者手帳1級程度)

接種方法

  • 対象者1に該当する方:令和3年3月末に接種券を送付しています。接種を希望する方は、予防接種券・本人確認書類(健康保険証等)を医療機関へお持ちください。
  • 対象者2に該当する方:接種を希望する方は、身体障害者手帳または同等を認められる診断書、本人確認書類(健康保険証等)を医療機関へお持ちください。(予防接種券は送付しません)

医療機関

市内指定医療機関県内の協力医療機関で受けられます。必ず事前に予約してください。

自己負担額

3,000円を医療機関でお支払ください。(市の助成額は5,657円です)

自己負担額の免除

対象者のうち生活保護世帯の方は、事前申請により自己負担額を免除します。送付された予防接種券と印鑑をお持ちのうえ、健康推進課または金光・寄島の各総合支所申請してください。

岡山県外で接種する場合

岡山県外の医療機関で接種する場合は全額自己負担となり、浅口市が発行する「予防接種依頼書」が必要となります。事前に健康推進課へご連絡ください。

注意事項

  • 予防接種券が送付された方でも、過去に23価肺炎球菌ワクチンを受けたことがある方は対象外です。
  • 対象の方でも実施期間を過ぎると全額自己負担となります。
  • 接種日に浅口市民でない場合は、予防接種券は使用できません。
  • 予防接種券を紛失された場合、対象の方で接種券が届いていない場合などは、健康推進課までお問い合わせください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部健康推進課 

〒719-0243 岡山県浅口市鴨方町鴨方2244番地26

電話番号:0865-44-7114

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?