ホーム > 産業・観光 > 中小企業支援 > 一時支援金(岡山県)(第2期)

ここから本文です。

更新日:2022年3月1日

【受付終了】一時支援金(岡山県)(第2期)

令和3年4月以降も新型コロナウイルス感染症が拡大し、また、緊急事態宣言・まん延防止等重点措置に伴い、外出機会の減少による影響を受けたことにより、収入が大きく減少し、厳しい状況にある県内事業者の事業継続を支援するため、岡山県飲食店等一時支援金(第2期)が交付されます。

給付額

法人:40万円

個人事業者:20万円

給付対象

外出機会の減少による影響を受け、令和3年の4月、5月又は6月の売上が令和元年比又は令和2年比で30%以上減少している事業者で、次の1.から7.のいずれにも該当すること

  1. 次のいずれかに該当する事業を営み、かつ、その事業の売上が最も大きいこと
     ア 飲食店
     イ 飲食店と直接・間接の取引がある事業者
     ウ 主に対面で個人向けに商品・サービスの提供を行う飲食店以外の事業者
     エ ウの事業者と直接の取引がある事業者
  2. 資本金の額又は出資の総額が10億円未満であること
  3. 国の月次支援金(対象月:令和3年4月、5月及び6月)のいずれも受給していない又は今後も受給する予定(申請中を含む)がないこと
  4. 都道府県による令和3年4月から6月における休業若しくは営業時間短縮の要請に伴う協力金を受給していない又は今後も受給する予定(申請中を含む)がないこと
    ※岡山県時短要請協力金及び岡山県大規模集客施設協力金はこれに該当します
  5. 都道府県による新型インフルエンザ等対策特別措置法第45条第3項に基づく休業若しくは営業時間短縮に係る命令の前提となる口頭指導又は文書の事前通知を受けていないこと
    ※都道府県の休業及び営業時間短縮の要請に応じない場合に行われる口頭指導又は文書の通知を受けていないこと
  6. 新型コロナウイルス感染拡大防止のための業種別ガイドラインに沿った対策を実施していること
  7. 今後も事業を継続する意思があること
事前確認受付期間 令和3年7月30日(金曜日)~9月30日(木曜日)
申請受付 令和3年8月10日(火曜日)~

詳しくは岡山県の特設ページをご確認ください。

岡山県飲食店等一時支援金(第2期)(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

産業建設部産業振興課 

〒719-0295 岡山県浅口市鴨方町六条院中3050番地

電話番号:0865-44-9035

岡山県飲食店等一時支援金受付係
電話:086-226-7972(9時~12時、13時~17時、土・日・祝日除く)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?