ホーム > 産業・観光 > 中小企業支援 > 休業支援金・給付金

ここから本文です。

更新日:2021年4月30日

休業支援金・給付金

新型コロナウイルス感染症及びそのまん延防止の措置の影響により休業させられた労働者のうち、休業手当の支払いを受けることができなかった方に対し、当該労働者の申請により、新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金が支給されます。

対象者

新型コロナウイルス感染症及びそのまん延のための措置の影響により、

  1. 令和2年4月1日から緊急事態宣言が全国で解除された月の翌月末までに事業主が休業させた中小企業の労働者
  2. 令和2年4月1日から6月30日まで及び令和3年1月8日以降(令和2年11月7日以降に時短要請を発令した都道府県はそれぞれの要請の始期以降)に事業主が休業させた大企業のシフト労働者等

のうち、休業期間中の賃金(休業手当)の支払いを受けることができなかった労働者(雇用保険被保険者ではない方も対象)

支援金額の算定方法

(休業前の1日当たりの平均賃金×80%)×(各月の日数(30日または31日)-就労した又は労働者の都合で休んだ日数)

※1日当たり支給額の上限は11,000円

申請期限

対象者 休業した期間 申請期限
1. 令和2年10月~12月 令和3年5月31日
1. 令和3年1月~4月 令和3年7月31日
2. 全対象期間 令和3年7月31日

詳しくは、厚生労働省ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

お問い合わせ

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金コールセンター
(月~金8時30分~20時/土日祝8時30分~17時15分)
電話番号:0120-221-276

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?