ここから本文です。

更新日:2019年11月18日

耕作目的での農地の権利移動

農地を耕作目的で売買等をする場合には、農地法第3条により農業委員会の許可が必要です。
浅口市内の農地を取得するには、耕作する農地と新たに取得する農地とを合わせた面積が15アール以上必要です(同条の規定による下限面積)。ただし、中古住宅を購入する際に、中古住宅に付属する農地の権利を取得する場合に限り、1アールとなります。

下限面積及び誓約期間の変更

耕作放棄地対策の一環として、農地の権利移動を促進するため、下限面積を10アールに引き下げます。令和2年2月21日受付分から適用します。同時に、誓約書の耕作誓約期間を1年から3年に変更します。許可日から3年が経過するまでは、農地転用に関する手続きは原則として認められません。

許可申請の流れ

  1. 申請書の提出平成30年6月21日からの申請・届出につきましては、農業委員土地確認願が不要となります。)
  2. 申請内容の審査、現地確認
  3. 農業委員会で審議・決定(毎月15日頃)
  4. 許可書交付(農業委員会で決定後に許可書交付、申請受付締切日からおおむね30日後)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農業委員会事務局  

〒719-0295 岡山県浅口市鴨方町六条院中3050番地

電話番号:0865-44-9012

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?