ホーム > 産業・観光 > 農業 > 死亡した野鳥を見つけた場合

ここから本文です。

更新日:2021年5月11日

死亡した野鳥を見つけた場合

死亡した野鳥を見つけた場合

もし、死亡した野鳥を発見された場合には以下の点についてご注意ください。

 

  • 野鳥は、鳥インフルエンザ以外にも様々な細菌や寄生虫を持っていることがありますので、決して素手で触らないようにしてください。
  • 死亡した野鳥または、野鳥の排泄物等に触れた後は、速やかに手洗いやうがいをしてください。
  • 水辺等に立ち寄って、糞を踏んだ場合は、念のために靴底を洗うようにしてください。

野鳥が死んだ場合には、鳥インフルエンザだけでなく、鳥が保有している細菌や寄生虫に感染しないようにすることが大切です。

野鳥が落ちていた場所には、肥料用の消石灰や塩素系漂白剤をまいておくとより安全です。

 

お問い合わせ

浅口市産業振興課

☎0865-44-9035(平日)

☎0865-44-7000(休日)

金光総合支所産業建設課

☎0865-42-7303

寄島総合支所産業建設課

☎0865-54-5116

 

備中県民局

農畜産物生産課畜産班

☎086-434-7033(平日)

井笠地域森林課

☎0865-69-1631(平日)

 

鳥インフルエンザについて

鳥インフルエンザウイルスは、通常、ヒトに感染することはありません。しかしながら、感染したトリに触れる等濃厚接触をした場合など、きわめて稀に鳥インフルエンザがヒトに感染することがあります。

また、これまでに鶏肉や鶏卵を食べることによって鳥インフルエンザがヒトに感染した事例はありません。食中毒防止の観点からも、鶏肉については普段と同じように十分に加熱してから食べるようにしてください。

 

 

 

 

 

お問い合わせ

産業建設部産業振興課 

〒719-0295 岡山県浅口市鴨方町六条院中3050番地

電話番号:0865-44-9035

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?